【プレスリリース】環境も洗浄力も諦めない、罪悪感フリーのエシカル洗剤 「海をまもる洗剤」新開発しリニューアル

プレスリリース

2021年11月12日
Save the Ocean株式会社
代表取締役 Co-Founder 東本猛、中島康滋

環境も洗浄力も諦めない、罪悪感フリーのエシカル洗剤
「海をまもる洗剤」新開発しリニューアル

洗濯で海を汚さない SDGs企業への導入を本日リリース
量り売り/小売り販売を、2022年1月より開始

 

Save the Ocean株式会社(呼称:セーブジオーシャン、所在地:愛知県春日井市、代表者:代表取締役 Co-Founder 東本猛/中島康滋、以下 Save the Ocean)は、2020年より提供をしておりました環境洗剤「海をまもる洗剤」を新開発し、「環境も洗浄力も諦めない罪悪感フリーのエシカル洗剤」としてリニューアル。本日、提供を開始しました。

 

環境も洗浄力もあきらめない、誰もが使い続けられるエシカル洗剤

「海をまもる洗剤」は、2020年より株式会社勝川ランドリー(旧、株式会社Save the Ocean、11月12日付けで社名変更)にて、全国のクリーニング店およびコインランドリーにて提供をしておりました。しかし、課題であった洗浄力を業務用の水準に引き上げ、環境負荷を最大限に下げ、毎日使い続けられる価格へと改良を重ねてきました。そして、業務用はもちろん一般の方にも「環境」「洗浄力」「価格」の面でご満足いただける水準に達する見込となったため、本日発表するに至りました。
すでに提供を行っている全国のクリーニング店およびコインランドリーにおいては新洗剤に順次切り替えていくと共に、全国の小売り店を通じて一般消費者への提供を開始していきます。

また、ミッションである「洗剤で海を汚さない」を達成していくために、洗剤開発に特化した子会社Save the Ocean株式会社を新たに設立し、11月より営業を開始しました。社会のあらゆる洗剤を「環境も洗浄力もあきらめない 罪悪感フリーのエシカル洗剤」に変えていき、みなさんとともに海をまもるための挑戦と達成に向けて、全力を尽くしていきたいと考えています。

洗剤の量り売りを、もっと身近に

SDGsやエシカル消費の推進および環境への意識が社会全体で高まる中で、「洗剤の量り売り販売」を積極的に展開していくことで、容器のリユースやゴミの削減などに貢献できます。また、海をまもる洗剤を使うことを通じて、水を汚すという身近な社会課題に関わることで、環境意識を高めるきっかけにしたいと考えています。
2022年1月より開始する量り売りを導入したい小売店/代理店を広く募集いたします。洗剤は量り売り販売の中でも比較的導入のしやすい商材ですので、ぜひご検討をいただければ幸いです。また、従業員への福利厚生や社内の意識向上などを目的とした導入プランもございますので、ぜひご活用いただきたいと考えています。

海をまもる活動を、みんなで

創業70年の老舗クリーニング店が、グリストラップ清掃をきっかけに、日ごろの業務が海洋汚染に加担していたという事実に気づき、環境に加え業務レベルの洗浄力で納得のいく洗剤を開発しました。
森が生み出した豊かな水を、可能なかぎりそのまま海に届けていくことは、私たちの生活や事業を見直す必要があります。しかしこれは、一部の人や企業だけが努力して達成できるものではなく、たくさんの方々と共に活動し実践していくことが不可欠です。

そこで私たちは、洗剤1リットルにつき10円を積み立て、「海をまもる活動」を推進するために使われるしくみを用意しました。ぜひ、みなさんと一緒に使い方を考えていきたいと考えています。
そしてこの活動を広げていくために、umi-mamoru.comをリニューアルし本日よりプレオープンいたしました。様々な業界やキーパーソンとの対談を予定しておりますが、この第一弾として、ファクトリエ代表(ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役)山田 敏夫氏にご登場いただいております。

Save the Oceanは、すべての人と企業とともに、海をまもるための活動を推進してまいります。ぜひ、企業のSDGs推進の一環として、また洗剤から自社の環境への見直しを通じて、社内の教育の一環として、一緒に活動を進めていきましょう。当社では、あらゆる洗剤を「環境も洗浄力もあきらめないエシカル洗剤」に変えていくために、OEMや洗剤の共同開発など、様々な協働をしたいと思います。ぜひお声がけいただければ幸いです。

海をまもる洗剤 洗濯洗剤の特徴

1.洗剤の環境負荷を減らし、自然をまもる

海をまもる洗剤は、洗浄成分が100%天然成分・植物由来であり、石油由来の成分を使用していません。
油を細かくし分散させる技術により、洗濯槽や排水ハイプ、グリストラップを詰まらせることがありません。これにより、悪臭の原因を断ち、洗濯のために有害な薬品を使ったり掃除を減らすことが可能になります。
また、洗剤も落ちた汚れもすべてを自然分解しやすくするため、浄化槽や処理場への負担を軽減させることで、川や海への環境負荷を大幅に軽減します。

2.洗浄力で、衣類をまもる

洗濯のプロ「70年のクリーニング店」と全国のコインランドリーが使用する実証済みの洗浄力。
一般的に、環境や肌に良い洗剤は汚れ落ちが悪いというイメージがつきものです。あるいは、汚れと一緒に色落ちしたり生地へのダメージが強いアルカリ性の洗剤が多いのが現実です。
海をまもる洗剤は、水と同じ中性洗剤だから生地を傷めず、ウール・シルク・ドライマークのダウン、羽毛、カシミヤも一緒に洗うことができます。洗浄時間が短く、生地への残留が極めて少ないので衣類が長持ちします。

3.安全&安心で、お肌をまもる

これまでの一般的な合成洗剤では、敏感肌、化学物質過敏症、静電気が苦手な方の配慮が充分ではありませんでした。海をまもる洗剤では、こうした心配がほとんどありません。
界面活性剤の使用量を一般的な洗剤の1/7程度(1回の洗濯で1g以下)に抑え、香料や保存料、蛍光剤などの添加物は一切不使用。赤ちゃんの衣類も、もちろん洗えます。
お肌への安全性試験(24時間閉塞パッチテスト・スティンギングテスト)を行い、安全性を確認しています。
柔軟剤も不要なのにふんわり仕上り、静電気の発生量を抑える効果も期待できます。

4.おサイフにも優しく時短。だから、毎日使える

お洗濯はほぼ毎日のことですから、使い続けられる価格でなければなりません。
1回あたりの洗剤コストが安いのも当然ながら、すすぎが1回減らせることで水道代や電気代や時間も節約でき、柔軟剤も不要です。洗濯槽を洗ったり配水管の詰まりを取るための時間やコストも削減できます。
つまり、洗濯にかかるコストは、トータルでとても低くなります。

5.有害成分から、地球と人をまもる

安心の人工香料不使用。そのほか、漂白剤、防腐剤、蛍光剤、着色料、動物由来原料などは一切使用していません。PRTR制度の第一種指定化学物質も不使用です。
海をまもる洗剤は国際基準の「生分解試験」、化粧品等で行う「お肌の安全性試験」、その他にも「魚類急性毒性試験」等を実施しています。一般的な環境/エコ洗剤は自然に良いと言われていますが、一方で第三者による化学的な証明が行われていないものが多いのも現実です。

6.使うことで、海をまもる

洗剤の目的は、海をまもること。
洗剤1リットルあたり10円が、海をまもる活動に使われます。
毎日のお洗濯で、SDGs/環境活動に参加できます。

製品詳細:

海をまもる洗剤 洗濯用

300mlボトル(2022年2月発売予定)
600ml詰め替えパウチ、5L/18Lボックス(2022年1月発売予定)
業務用コインランドリー専用洗濯洗剤 18Lボックス(2021年11月12日発売)

海をまもる洗剤 シミ取りスプレー

200mlボトル(2022年2月発売予定)
400ml詰め替えパウチ(2022年1月発売予定)

商品についてはこちらよりご覧ください。

お問い合わせ

Save the Ocean株式会社
広報担当:犬飼

お問い合わせはフォームをご利用ください。

事業者向け説明会(毎月開催)

みなさんの会社のSDGs対応はいかがでしょうか。

何をしたら良いかわからない、何から始めたら良いかわからない・・・そんな企業・事業者さんに注目いただきたいのが、洗剤です。
大気汚染の話は話題にありますが、海洋汚染の話はまだまだ始められていません。
そんな何かを始めたい事業者さま、本格的にESGやSDGsに対応したい会社さま。

ぜひセミナーにご参加ください。